読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★ Walt Disney World 旅行★

旅行と食べることが大好きな20代↓です。 2017年度のWDW旅行記を更新してます!

【2017.02】WDWの旅 ~行くと決めたら!費用など~

ディズニーワールドに行こうと決めたら!


さ!アメリカのディズニーワールドに
行こうと決めたのは半年前の話。

でもアメリカには2つのディズニーがあります。

1.フロリダとカリフォルニアの違い


アメリカには、
カリフォルニア(ロサンゼルス アナハイム)と
フロリダ(オーランド)の2つあります。

ざっくりな違いを言えば

★ディズニーランドリゾート(アナハイム
本家ディズニーランドです!日本と同じく
2パークあり目玉はカーズランドがあるそう。
大抵ロサンゼルスの街も楽しめるツアーパックが多かったです。

飛行時間は、10時間で直行便あり。

ウォルト・ディズニーワールド(フロリダ)
4パークある。とにかく敷地が広い!
全て回るのであれば5日くらいは必要なので
ツアーパックにはディズニーにしかありません。
個人的に移動しました。

飛行時間は17時間くらいで乗り換えあり。


各旅行会社の何人かにきいたところ
全員一致でフロリダでした。

休みが10日ほど取れるのであれば
フロリダのほうがオススメだそう。

ってことで迷いなくフロリダに決定。


2.旅行会社とホテルはどこにしよう


たまたま家の近くにHISがあったから
という理由でHISにしましたが

比べていないのでどこの旅行会社も
こんなものなのか?って感じですが

HISはこっちが質問しないと
何も教えてくれませんでした。。

あと1週間前くらいじゃないと
飛行機の会社、時間、宿泊先も教えてくれないので

割と計画しづらく、カナダ経由になりましたって
言われたのが1週間前で入国審査の手続きも
ギリギリでした。
←間に合わなかったらどうなってたのか。

(アメリカとカナダは事前に入国審査の
手続きがあります。またつぎの記事で書きます)

今回私達は6泊8日間の旅。

ホテルのランクで値段はピンきりでした。

普段旅行する際、ホテルはほぼ寝るだけなので
こだわりのない私は

直営で1番安いプランで。

とお願いしました。(笑)

重要なことは、絶対に

直営ホテルにしたほうがいいということ。

HPに記載されてる特典のなかで
最も良かったことが

★マジックバンドの利用ができる
この魔法のバンド。これがチケット、ホテルの鍵、GPS、そして恐怖のクレジットカード搭載。
これで事が全て成り立つので紙幣は持っていきませんでした。
ずっと腕につけています!防水です。
f:id:trip_smile:20170222043453j:plain


★バスやモノレールが無料
パーク、ホテルへの行き来に送迎がついており
楽チン!20分に1本出てました。

★エキストラマジックアワー
パーク時間の延長!
時期の問題なのか敷地が広いから
早めに追い出すためかパークが20時までな
ときが多くありました。
でも曜日によっては直営ホテル利用者のみ
早い時間からインパできて閉園時間は
0時までの日もありました!0時ってキャストさんも大変だ。


これらは凄く助かりました。

そして、私たちは20くらいあるホテルのなかから
全くディズニーに関係ないディズニーオールスタースポーツリゾートというホテルになりました。

正直もっと関係あるところがよかったけど
最安値だ。仕方ない。また次の記事に書きます。


3.気になるお値段

HISに支払った金額は

じゃらじゃら~

ダーン❕

1人/20万5000円

この中には
旅費(飛行機、ホテル)
アメリカ入国税
羽田空港利用料
HISのバス送迎代

が入ってました。

アメリカの入国税金、9000円
羽田空港利用料、3000円が
割りとボッタクリすぎてびびりました。

これが恐らく2月の最安値です。

ちなみにお盆やお正月の時期は
同じ条件で45万円くらいでした。
どひゃー

ブログとか読んでたりすると皆さん
結構ミッキーネットという個人で確保 されるかたが多かったです。

次はそれにしてみようかなと思います。

【2017.02】WDWの旅

WDW

 

こんにちは☆

この度、ずっと憧れていたフロリダの
ウォルトディズニーワールドへ旅行へ行きました!

 

海外旅行は人生で2回目。(初めては韓国) 英語力は幼稚園レベル。(笑)

そんな無知ど素人の私は行く前に
いろーんな方のブログやYouTube
拝見させていただきました。

凄く凄く参考になる記事ばかりで
わたしも誰かのお力に添えられればという
気持ちを込めてブログを開設しました\(^o^)/

2017年2月中旬 現在の記事になります☆

 

よかったらこのブログを参考に悔いのない
素敵な旅行を楽しんでいただけると幸いです。

 

では!エピソード0から参ります。